鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアは、日帰手術が可能な疾患です。

鼠径ヘルニアとは?

鼠径ヘルニアとは

鼠径ヘルニアは、お腹の筋肉の薄いところから腸などが押し出され、皮膚のところまで飛び出す病気です。「ヘルニア」とは体内の臓器が本来あるべき位置から脱出、突出したことを示します。例えば椎間板ヘルニアは椎間板が飛び出て神経を圧迫する病気です。

「鼠径」は太ももとお腹の境の部分を意味していて、「鼠径ヘルニア」とは股の付け根から臓器が脱出していることを言います。腸が飛び出てくることが多いので、昔から「脱腸」と言われて来ました。

なぜその部分から臓器が脱出してくるのでしょうか?

それは人間の構造上に起因することが考えられています。もともと4本足歩行であったほ乳類が立位歩行を行うようになって、鼠径部の筋肉や筋膜の弱い部分に重力がかかるようになり、飛び出てくるようになるのです。また小児のヘルニアの場合には、胎児のときお腹の中にあった睾丸が生まれる時に陰嚢に収まる過程で腹膜の癒合ができなかった場合に起こるとされています。

脱出してくる臓器は小腸のほか大腸、大網(胃と大腸に着いてる脂肪のかたまり)、膀胱、卵巣、鼠径部周囲の脂肪など、腸だけではなく色々な臓器が飛び出て来ます。

鼠径ヘルニアの種類

鼠径ヘルニアにはいくつかの種類があります。

鼠径ヘルニアの種類

I.外鼠径ヘルニア

幼児と成人が発症するほとんどのヘルニアが外鼠径ヘルニアです。鼠径部の外側やや上方から膨らみ始め、これが少しずつ大きくなると最終的には陰嚢まで臓器が脱出してくることになります。嵌頓(かんとん:脱出した臓器が出入り口で締められて戻らなくなること)になる可能性が最も高いヘルニアです。比較的若い患者さんのほとんどはこのタイプです。中高齢者にも多く、一般的な鼠径ヘルニアと言えます。

Ⅱ.内鼠径ヘルニア

外鼠径ヘルニアの出入り口より内側の鼠径三角という部位の筋膜が弱くなり、臓器が押し出されて飛び出すのが内鼠径ヘルニアです。中年以降の男性に多いのが特徴です。左右両方が脱出してくることあります。

Ⅲ.大腿ヘルニア

女性に多いヘルニアです。特に高齢の女性に多いのが特徴です。太ももの付け根の下側が膨らみますが、付け根の上に膨らむこともあります。最も嵌頓を起こしやすいヘルニアなので早く手術をして治す必要があります。

Ⅳ.複雑なヘルニア

外鼠径ヘルニアや内鼠径ヘルニア、大腿ヘルニアが合わさって出てくることがあります。単に鼠径ヘルニアと言っても人によって脱出する部位はさまざまです。従って術者はその患者さんに合った手術の方法を選ぶ必要があるのです。

ヘルニアの原因

旭鼠径ヘルニアの原因は先天性のものと、仕事や生活習慣、加齢や病気、妊娠による後天性のものがあります。

I.生れながら鼠径ヘルニアである

鼠径部の腹膜が生れてくる時に癒合しないため、陰嚢、大陰唇につながる鼠径管が開いて臓器が脱出して来ます。このタイプのヘルニアは自然に閉鎖することもあります。

Ⅱ.加齢とともに鼠径ヘルニアになる

年齢とともに筋肉や筋膜が弱くなり内臓が支えきれないことが原因になり発症します。自然に起こる原因として最も多いと考えられます。

Ⅲ.運動・仕事などの生活習慣で鼠径ヘルニアになる

マラソンや登山、立ち仕事でお腹の筋肉に負担がかかり発症のリスクが高まります。

Ⅳ.他の病気が関係して鼠径ヘルニアになる

咳をよくする人、喘息の人、便秘、排尿障害のある人なども鼠径ヘルニアの発症原因となることがあります。

鼠径ヘルニアの治療

幼児以外の鼠径ヘルニアの治療は手術以外に治す方法がありません。薬を飲んだり保存的に治療して治ることはないのです。時々、ヘルニアバンド(脱腸帯)を使用している方もおられますが、外すとすぐに脱出して来ますし炎症を起こす可能性もあるため、現在では使用されないようになりました。

鼠径ヘルニアの手術法

鼠径ヘルニアに対する手術法はいくつも存在します。しかしながら最近では大きく分けて2つの方法に分けらるようになりました。一つは膨らんでいるところの皮膚を直接切って手術を行う鼠径部切開法であり、もう一つは1990年台から始められた腹腔鏡と言うカメラを用いてヘルニアの内側から行う腹腔鏡法です。どちらもしっかりと手術を行えば、鼠径ヘルニアは治りますが、手術法にはいいところ、難しいところがあるので、ヘルニアの種類によって使い分ける方がいいと考えています。

鼠径部切開法

鼠径ヘルニアにはいくつかの種類があります。

I.Marcy法

鼠径部を2〜3cm切開してヘルニア嚢(膨らんだ袋)を切除して出口を閉鎖する方法です。18歳以下の男女や出産予定のある30歳前後までの女性に適した方法です。

Ⅱ.Tension-free法

Ⅱ.Tension-free法

鼠径部を3〜4cm切開してメッシュと言う人工の補強材を使って弱くなっている筋膜を補強する方法です。 従来は弱くなった筋膜を縫い合わせる手術しかなく、術後の痛みが強いため1週間ほど入院が必要でした。 メッシュを使用すると確実に補強できツッパリも少ないため「Tension-free」つまり緊張のない状態であると言えます。 メッシュは形状、素材など多くの種類があり、術者はそれぞれのメッシュの特性を十分に知った上で手術を行う必要があります。 この方法を行うことで手術時間も短く、再発率も減少して早期の社会復帰が可能となりました。 この方法は全身麻酔をしなくても局所麻酔で行えるメリットがあります。

腹腔鏡法

腹腔鏡法

T腹腔鏡を用いた手術方法です。患者さまの体への負担が少ない治療として提案可能です。

Ⅲ.TAPP法

腹腔鏡を用いてお腹の中からヘルニアの出入り口を確認します。その後メッシュを使用して弱くなった筋膜を補修します。当院では3mmの細いカメラや器具を用いる独自の方法により痛みの少ない手術を行なっています。 この方法はお腹の中からカメラでしっかりとヘルニア門(出入り口)を確認できることが大きな利点となります。複雑なヘルニアや再発ヘルニアに向きますが、全身麻酔が必要となります。

Ⅳ.TEP法

TAPP法と同じく、腹腔鏡を用いながらお腹の中ではなく腹膜の外にカメラを挿入して手術する方法です。手術はTAPP法とほぼ同じですが、手術時間が短くすみ、両側の鼠径ヘルニアや肥満の方に向いています。全身麻酔を必要とすること、下腹部に手術創のある方(虫垂切除や前立腺全摘などの手術)には向いていません。

Ⅴ.ハイブリット法

鼠径部切開法と腹腔鏡のいいとこ取りの手術法です。鼠径部切開法は手術時間も短く良い手技ですが、常に膨らみっぱなしのヘルニア、嵌頓ヘルニア、再発ヘルニアに対してはお腹の中からヘルニア門を確認することで、さらに安全、確実に手術をすることができます。全身麻酔を必要とします。 (表1)

手術法の比較

受診の流れ

旭川キュアメディクスにて鼠径ヘルニアに対する専門外来を開設しています。外来にて診察後に手術の必要性がある場合は、手術前検査を行います。

受診の予約・お問い合わせは 0166-23-3127 へお願いします。

他の病院で各種検査が済んでおり、結果をお持ちの方はご持参ください。問診票記入、診察後に当院で専用の腹部超音波検査・CT検査を行います。すべての検査が終了した後、外来医が治療方針の説明を行います。

  1. 初診・検査

    他の病院で検査の済んでいる方は、結果をお持ちください。問診票記入、診察後に腹部超音波検査・CT検査を行います。すべての検査が終了した後、外来医が治療の説明を行います。

    初診・検査

  2. 診断

    検査の結果、手術適応と判断された場合は、手術治療についてご説明させていただきます。ご理解いただければ日帰り手術についての説明を行います。

    手術をご希望される方は初診当日に手術日を決めることになりますので、可能な限り来院前に希望する手術日を決めておいてください。

    手術日が決まった時点で手術のオリエンテーションをコーディネーターから行います。

    診断

  3. オリエンテーション

    日帰り手術は特別なプロセスで行います。手術当日を含め、それまでの過ごし方などを説明させていただくことをオリエンテーションといいます。
 日帰り手術は高度な医療サービスです。クリニックでの滞在時間が極めて短いので、患者さま自身が日帰り手術を受けるという意識と理解がたいへん重要です。 手術当日までの過ごし方、前日の過ごし方など、手術までの生活や、急に痛くなった時の対応などをしっかり説明させていただきます。
 日帰り手術は、患者さまの負担を軽減し、病院で過ごす時間を短くするために患者さまとともに進める必要がありますので、ご理解とご協力をお願いしております。 手術後に「受けてよかった」と思っていただける結果をいっしょにつくりましょう。

    オリエンテーション

  4. 手術当日

    手術当日の午前中に入院していただきます。手術前処置(臍処置)を行い、手術開始となります。(手術時間は約30~60分です) 

    手術当日

  5. 退院

    手術翌日の退院となります。日帰り手術には適応があります。(最長術後3泊まで対応)

    退院

  6. 術後

    日帰り手術の場合は手術翌日か翌々日に来院していただきます。その後10日前後後に再度来院していただきます。

    入院された方は手術後1週間後と2週間後に来院していただき、手術部位のチェックや血液検査を行います。 

    どちらも手術後2回は来院していただきます。その後の受診については患者様と相談の上、決めさせていただきます。

    手術が終わって半年後に腹部CT検査を行い終了となります。

    術後

鼠径ヘルニアの手術日程についてのご案内

現在、鼠径ヘルニアの手術は平日の手術予定日に限り一泊入院をご提案しております。日曜日の手術は、当日退院が可能な患者さまに限ってご案内させていただいております。

鼠径ヘルニア Q&A

  • 鼠径ヘルニアになりやすい状況ってありますか?
  • 鼠径ヘルニアはお腹の中の圧力が高まると出てくるので、咳がひどい時や排便の時にいきんだりすると、脱出してくることはあります。また長時間立っていたり歩いたりしても出ることがあるようです。
  • 鼠径ヘルニアが自然に治ることはありますか?
  • 成人のヘルニアが自然に治ることはありません。幼児のヘルニアは自然に治ることはありますが、正確なデーターはありません。
  • メッシュは人工物で体にずっと残ると聞きました。体内に残して大丈夫でしょうか?
  • ヘルニア用のメッシュは50年以上も前から使用されてきた実績があり、安全に使用できることが分かっています。 メッシュの素材も日進月歩で進歩しており、以前から比べて違和感の少ないメッシュが主流になってきました。当院はさらにチタンコーティングした最新のメッシュを使用しています。
  • 鼠径ヘルニアの手術の後に再発することはありますか?
  • まったく再発のない手術法はありません。しかしながらメッシュの素材、手術手技の工夫により、再発率は1%未満に抑えることができるようになりました。 ただ、前回手術した違うタイプのヘルニアができることもありますし、複雑なタイプのヘルニアは再発する危険性が高いと言えます。